「心と体と魂の調和」

◎ 面白いことを述べている方が居られます。

  参考までに!!

__________________________________________________

 

【あたりまえ】

 こんな素晴らしい事を、なぜ日本のみんなは
喜ばないのでしょうか。

 

あたりまえであることを !!

 

お父さんがいる お母さんがいる 家族がいる
手が二本あって 足が二本ある
行きたいところへ自分で行ける 音が聞こえて 声が出る
こんな幸せがあるでしょうか。
しかし、誰もこれを喜ばない 当たり前だと笑っている。

 

ご飯が食べられる 夜に成ると眠れる そして朝が来る。
空気がいっぱい吸える 笑える 泣き叫ぶことが出来る。
走り回れる。
病気になって判る健康の有り難さ!!

 

みんなあたりまえこと こんな素晴らしい事を
みんな喜ばない みんな感謝しない。
有り難さを知っているのは それを無くした人たち 

いったいなぜでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【 コロナは敵か味方か⁈ 】

〇 コロナストレス対策法

今回のコロナ問題は、

感謝を忘れて、当たり前で生活している人間に対する

警告だと思いませんか?

 

当たり前と思っていたことが、実は当たり前でなかっんだと!!

 

其の事に気付けば、気付かしてくれて 

“ ありがとうコロナ君 ”

コロナを敵と思って、忌み嫌うから攻撃してくるのであって、

 “ありがとう”の感謝は・・・敵が味方に!

 

 

敵は【本能自(寺)」にあり。

私たちの中に存在する感謝か不足か。

これは何も今回だけの問題では無く、

生きる事への姿勢かもしれない。

 

 

今一度振り返ってみたものです。

 

 

体的な事は日々の報道されている対策法が有りますが、

中国4千年の仙術技法の中に、今回のコロナに対応する

最適の技法が有ります。

 

 

中国仙人術は陰陽五行が基本です。

陰陽は裏表一帯の思想で、太陽に対して太陰(月)

昼の明るく活動的に対して夜の静寂さ。

 

 

男は陽、女性は陰、その男女にも背中は陽、腹部は陰、

人間も体的な事は陽、精神的・スピリチュアルな事は陰。

 

コロナは明らかに陰で、陽の体的な事に作用している

今回の騒動

 

 

そこで陰のコロナを中和する

誰でも簡単に出来る方法があります。

 

それは太陽光を取り込んで中和する、

呼吸法と言霊を活用することです。

 

◆ ホームページに詳しく載せております。

ぜひご覧ください。

http//houju-kensei.com

 

 

________________________________________________________

 

◎ 幸せの定義とは?

◆ 第一は身体の健康です。
いくらお金が有っても病気であったら
其れを活かすことが出来ません。

 

◆ 第二はお金の問題です。
貧しさは心も体も荒廃させます。

 

◆ 第三は心の安らぎです。
身体やお金に問題が無くても、家族関係が崩壊していたり、
夫婦関係や友達関係が、破綻していたりしては
幸せとは言えません。

 

そしてこの心と身体の問題は魂の問題と直結していきます。
まだまだありますけど、
大きく分けてこの三つが調和よく整えられれば、
幸せに成れるのではないかと思います。
そしてその三つの中で、
特に中心となるのが「心の在り方」という事に成ります。

 

心の問題は、幼少期から現在そして未来へと続いていきます。
ですから此処をクリアー出来れば幸せな未来が開けてきます。
今後、この問題を色々な角度から検証していきたいと思います。
お役に立てていただければ幸いです

 

貴方の成功が私の幸せ !!

 

_________________________________________________________________________________

 

【なぜか心の問題・・・NO1】

人間は身体だけで 生きているのではなく無く、

その身体を動かしているのが

心という事は誰でも判るのですが、

その心の作用にも顕在意識と潜在意識の二種類あるという事で、

そしてその奥に魂が鎮座しているのですねぇ。

 

 

判りやすく卵に例えていえば、卵の殻に当たる部分が肉体で、

白身に当たる部分が心という事に成ります。

そして黄身の部分が魂という事に成ります。

 

 

此の魂の部分が更に潜在意識と相互に作用しあって、

色々な問題を引き起こしてきます。

ですから、この三つが調和良く働かないと、

心や体や運命に色々な不調和が起きてきます。

 

 

普段、何々しょうとか、こう思うとか、考える事は

顕在意識で判断するのですが、

問題は自分の意識下にあって普段表面上に現れませんが、

私達の人生や行動の90%以上を支配しているのが、

潜在意識ですね。

 

潜在意識は、一度外部よりメッセージを受け取ると、どの考えを信じ、

どの考えを信じないと言う判断をしません。

 

丁度二・三歳の幼子のような純粋さです。

 

そして考えた事や信じたことを実現しようと潜在意識は、

ただ言われたままを受け取りそのまま実行します。

 

あなたの人生を変える程の力を秘めた潜在意識はパワーハウスと言い、

あなたの考えを実現するために24時間働き続けます。

 

潜在意識が何を信じていても、其れは過去にあなたが受け取った、

メッセージの純粋な結果なのです。

 

全ての結果は原因が有ります。

 

そして何が原因となって、潜在意識下に有って、

あなたの幸せな運命の発露を阻害しているかを

解き明かし、最善に行くようこの問題に取り組んで癒すのが、

「心理・神理カウンセラー」としての役割に成ります。

 

更に一番大事な事は、魂の問題です。

 

卵で言ったら黄身の部分です。

 

人間でいえば深層意識のその奥の部分ですが、

実はその意識の奥に更に「大生命」と言う部分が有って、

此れが超意識、宇宙意識又は真我と言われている部分に成ります。

一般に神霊と言われている意識ですね。

 

ですから外部に救いを求めるのではなく、全てが自分の中に存在して

幸・不幸のカギを握っているのが潜在意識という事で、

ここをクリアーに出来ればあなたの中から幸せの

 “愛と光が” 発露されてきます。

 

 

その時がタマゴの殻を破ってヒヨコの誕生の時です。

後はどんどん潜在意識をクリアーにして魂を成長させて

親鳥に成っていくだけです。

 

 

そのお手伝いをしていくのが私達の役割です。

 

 

先ず自分が幸福になり、他人を幸せにし、

その輪を広げて更に社会貢献をしていく、

そんな世の中の一助になれたら幸いです。

 

_________________________________________________________________________________________

【なぜか心の問題NO2・・・潜在意識】

 

通の人の場合、脳の働き部分の3%~5%より使ってなく
天才と言われる人でも7%~10%より使用していない
と云われています。

 

後の90%~95%は、所謂、潜在能力として、埋もれたまま一生涯を
終えてしまいます。

 

● 【潜在意識・・】

潜在意識は、人の幸、不幸を左右する一生の大問題に関係
している重大事で、心の悩みや病気等で苦しんでいる人の
大部分は、無意識の領域である、潜在意識が引き起こしている
問題でもあるのです。

 

 

【 3児の魂100歳迄も 】と言うことわざが有りますが、
赤ちゃんの時から子供時代にかけて、親の言動や回りの環境にて
得た知識や経験は、自分で判断出来なく、全て無意識の領域、

 

潜在意識に蓄えられて、それが其の後の人格形成や運命に
大きく関わってくる事になるのです。

 

★ 問題は原因が判らない時、幼少時に受けた、
心の傷が深く、奥深い潜在意識から発している時
此の潜在意識の問題に付いても、今後検証していきたいと思います。

 

潜在意識については、意識下に何が存在しているのか、

プロフィールに私の経験を述べておりますので、

参照して頂ければと思います ◆

 

 

【 潜在意識 ・・】

● 私は治療師ですが色々な処が痛くて、治療に訪れる患者さんの中には、
時には治りたくない人がいるんですよ。

 

一般の人が聞いたら、まさかそんな事がと想うでしょうが
実際いるんです。

それはどんな人かと言えば、心の中が悲しみ、苦しみ、不安、

怒り、等の満たされない思いで一杯に成っている人なんです。

 

一つ直せば又次の痛みを云い、それを直せば又次を言う、
治ったところを喜ぶよりも、自分で痛みを探して来るん
です。

 

心の中のストレスを身体の痛みで代替させているんですね。

 

本人は意識して居りませんが、無意識の領域である
潜在意識では治っては困るんですね。

 

ストレスの発散場所が無くなってしまうのです。
それほど心の痛みと向き合う事は辛い事なんです。

 

心の痛みと向き合う位なら身体の痛みのほうがまだ楽なんですね。
本来は我慢強く、真面目で心やさしい人が陥る、
落とし穴なんです。

 

本当にかわいそうな事です。

 

○ それとは反対に、身体の各所が大変な程痛んでいるのに
治りが早い人が居ります。

少しでも楽になると、有難う御座います。

ずいぶん楽になりましたと感謝の言葉か出る方なんです 。

 

喜びが、感謝の心が病気を治していくんですね。
此れは何も治療だけの事ではありません。

 

生きることの姿勢の問題です。

 

不平不足と感謝の心、この差は大きいです。
貴方はどちらを選びますか。

_____________________________________________________________

 【なぜか心の問題NO3・・・言霊の活用】
★ 一億総評論家時代。

 

今の若者は切れやすいと云いますが、実は若者だけでは
無いのですねぇ・・・

 

本来なら理性でセーブ出来るはずの大人が、幼い子供達を
又、子が親を殺傷していく事件が、毎日のように報道されていく。

 

報道の自由と言う名の評論家諸氏方々!!

 

あれは悪だ、悪人は裁かなければいけない、
と言う評論が、実は自分の心を裁いていることに、
気が付いてないんです。

 

人を批判することが、その結果・・・・・

心が満たされないのです。

不平、不足、怒りは必ず心身上に現われてきます。

 

人の言葉には言霊(ことたま)と言って、

生命を躍動させる力が有りますので、

善い言霊には良い結果が、悪い言霊には悪い結果が現れて来ます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

テレビを見ないわけにはいけませんので、
それを予防するのには、今日から、「 有り難う、うれしい、
希望がわきます。幸せです 」の言葉を毎日言いましょう。

 

10回でも、20回でも、好きなだけ!!

 

特に就寝前と朝起き前の寝床の中、意識が気薄な時、潜在意識に浸透させやすい。

続けていると、その内に満杯になったコップから水があふれだすように、
貴方の現実生活が変わってきます。

 

どちらにしても潜在意識がその結果を必ず出してくれるのです。

 

お釈迦様も、“ 現在の貴方は、貴方が望んだ結果 ”
だと述べています。

 

表層意識( 顕在意識 )では、誰もが成功や幸せを
望んでいるのに、潜在意識が反対の結果を出す事が多い。

 

未来の幸せな貴方を築く為に、さあ今日から始めよう。

己の無限の可能性を信じて !!

 _______________________________________________________________________________

  【 なぜか心の問題NO4・・・水晶世界 】

 

幸せの基準は百人百様、外的要因にそれを求めて満たされても

又次の欲求が出て来る。
欲に限りは無いのです。

 

社会が悪い、会社が悪い、果ては学校の先生が悪い、あの人は嫌い等々。

 

不満という心の満たされない状態が続くと、

知らず知らずの内に心と身体を蝕んでいく。
その結果は・・・幸せを願いながら不幸な方向へと歩んでゆく。

 

それではどうしたら良いのでしょうか ?

 

不足という心の足の無い状態から、満足と言う地に足の付いた、

「感謝」と言う
心の調和に気付けば良いだけなんです。

 

たったそれだけなんです。

 

朝起きて歩ける、ご飯も頂ける、会話も出来る、仕事も出来る、

当たり前の事なんです。
その当たり前の事の感謝を忘れている。

 

想像していただきたい!!

「 もし私が病気で寝たきりの生活だったらどうなんだろうか ?」

 

足の無いのは昔から幽霊の事を言いますね。浮かばれない・・・恨めしや!!
他人と比べて羨ましい、恨み、妬み、ひがみ等を持って生活している。

 

生きていながら、浮かばれない、

これを動く屍〔しかばね〕と言います。

 

ゾンビじゃあるまいし・・・まさか自分がそう成っているとは

誰も思っていないんです。
ところが、心の世界ではそうゆう世界を創ってしまうんです。

 

此の心の世界が魂の世界と融合している。

 

ですから、天国、地獄は遠い世界に在るのではなく、

現在の貴方の内面に存在しているという事です。

 

「 魂とは 」肉体は滅びて土に帰っても、心の想念が凝り固まって、

永遠に存続している生命体なのです。

 

この魂の存続している世界を「霊界」と言っているだけなんです。

 

地に足を着いた生活を送っていきたいですねぇ。

 

それは生きている時の心の持ち方で決まると言うことです。
例外は無いんですねぇ。

 

※「天網恢々疎にして漏らさず」〔てんもうかいかいそにしてもらさず〕
天の網〔宇宙の法則〕は目が粗い〔生きている時の人の目は誤魔化せても〕

けど決して漏らすことがないと言う諺。


死後霊界に行けば、閻魔さんの浄玻璃の鏡の前に立たされて

必ず暴露され、

そして裁かれると言われておりますが、

 

只、これからの時代の流れは、

神・霊・現・三界が一体となって顕現して来るので、

霊界に行かなくても現界で全て暴露されてくる。

 

此れを「 水晶世界 」と言います。例外は有りません。

 

マスコミで報道している最近の世相を見てごらんなさい。

 

あんな者がこんな者に! こんな者があんな者に!・・・・・

___________________________________________________________________________

【なぜか心の問題NO5・・・引き寄せの法則】

 

〇 幸せは言霊の活用を!!

日本と言う国柄は昔から神国とか、日出る国とか、

言霊(ことたま)幸わう国とか

言われております。

 

いろは48文字に、濁音を合わせて75声音有ると言われる

大和言霊は、

その一字一字に命が宿っていると言われております。

 

此れを「言霊神なり=ことたまかみなり」と申します。

 

此れは何を教えているのでしょうか?

 

聖書ヨハネ伝にもこの様な伝えられています。

太初(はじめ)に言霊(ことば)有りき。

ことばは神霊と共にあり、言霊即ち神なり。

 

万物(よろずのもの)はこれによって創造された。

 

作られたものの中で、一つとしてこれによらないで

創造された物はなかった。

 

この言霊(ことば)に生命が有った。

この命は人の光であり、光は暗き闇の中に照り輝いており、

闇は此れに勝てなかった。

 

◆人間の生命は、遠き遠き太初の昔、天地創造の時に発せられた宇宙創造神霊の

大言霊と同質の命が、分霊(わけみたま)として無差別平等に与えられています。

ですから、万物の霊長者と言われる由縁です。

 

この言霊を活用する事によって“引き寄せの法則”が動き始めます◆

 

幸せの言霊は幸せを、不足の言霊は不幸を、

引き寄せの法則は、良きことも悪しき事も引き寄せますので、

これまで述べているように、

潜在意識をクリアーにする事が第一条件に成ります。

 

クリアーに応じて生命が輝いて来ますから、

そしてその輝きの程度によって、良き事が引き寄せられてきます。

さぁー今日から始めよう!  生命輝く言霊の活用を!!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【なぜか心の問題NO6・・・内面を観つめる内観】

◆ 日本式内観

孔子様は『孝』は百業の基と説き、
お釈迦様も経の中で『父母恩重経』を説いています。

 

私が読んだ本の中で、これは良いなあと思ったのが
相当古いんですけど、松原泰道氏の『父母恩重経を読む』でした。

 

この、父母恩重に気付く事を、実地でする『 内観法 』と言う
行法があります。

 

私がまだ22歳の頃、真言宗の総本山で僧の修行をしていた時代、
宗派は違うんですけど親鸞聖人の流れを汲む一派で、
身調べと言う修行法があったんです。

 

中心となる事は
『 死んだらどうなる !! 極楽に行くのか、地獄に行くのか 』
此のテーマを一週間、飲まず、食わず、寝ずで自分の心の内面を検索
していくんです。

 

『吉本伊信』と言う方が、当然自分で何度も体験して、その中で
宗教的な部分を排除されて、エキスとも言うべき教えを確立されたのが
『 内観 』と言う行法です。

 

プロフィールにも書いていますが、
私は吉本伊信氏の元で一週間の集中内観を
二回程した事があります。

 

部屋の隅に屏風をたて、その中に籠って朝6時から
晩9時まで15時間、先ず生まれてから○○才までのお母さんに対して、

して貰った事、して返したこと、迷惑をかけた事を振り返る、

 

次にお父さん、兄弟姉妹、
先輩知己、知己友人等に対して内観してゆく。

 

その間食事は屏風の前まで持ってきてくれます。

水も飲み、夜は眠れます。
ただ風呂とトイレ以外は出ではいけません。

 

私は此れを他所も含めて4回(計4週間)やりました。

 

一回目は真言宗の本山で修行していた時休暇を頂いて、吉本伊信様の所で
次に大阪で開業していた時休診して、その後、他所で二回やりました。

その中に「嘘と盗み」について内観する項目があります。

 

親鸞聖人が唱えた、『善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人おや』
善人でさえ往生(救われる)出来るのに、悪人が出来ないはずは無い。
逆転の発想、大変面白い考え方です。

 

自分が善人だと想っている内は救われないと言っているのです。
けだし名文句だと思います。

 

善人と言われる人は、自他共に自分は正しいと思っている。
悪人と言われる人は、自分の罪を自覚している。

 

その善悪の基準をどこに置くか!!

肉体に置くのか。

心と魂に置くのか

 

はたして本当にどちらが仏の道の真実なのか、
親鸞聖人はそこを看破されたんですね。

 

此れをやれば、自分の子供の頃から、もっと小さかった頃からの、
潜在意識の中に押し込められている、本当の自分がわかってきます。

 

生かされておる事がどうゆう事か、感謝と言う事がどうゆう事か
教えや頭で判った事でなく、心の奥底、潜在意識の底から理解
できてきます。

 

体験したその心境は、紙に書いても、口で言ってもても判りませんので、

興味のある方、今は全国にあるみたいなので検索して

体験してください。

_______________________________________________________________________

※ 内観の内容は全然違いますが、この日本式内観とスピリチュアル的内観、

自然の太陽や月を使った方法やなんそ観、

気を体の隅々まで周転させる内気功等が有ります。

 

 

詳しいヨガ仙術内観の内容についてはいずれ投稿します。

どちらにしても自分の内面、潜在意識に入って行くやり方です ※

________________________________________________________________________

【なぜか心の問題NO7・・・思考は現実化する

 

古今東西に超天才と言われる、例えばお釈迦様・キリスト様の様な世界的宗教家、
叉過去に名を残した芸術家達、発明の分野や、

経済の分野で大きく成功した人達は皆等しく

 

自分の能力の可能性を信じ、
ひたすら一つの事に邁進し、目的を達した方々です。

其れはひとえに潜在意識の発露を可能にした、

その働きの偉大さと言う事なんです。

 

私達は何も天才になる事ではなく、私達の普段の生活に於いて色々な障害、

例えば病気で苦しんでいる、心の葛藤で悩んでいる、性格を改善したい、

成功したい等々数え上げればキリが無いほど有りますが、

その解決に潜在意識の活用がとても有効だからです。

 

 

潜在能力は、自分の意志どうりに動かす事は簡単に出来ませんが,
実は誰でも無差別平等に備わっている訳で、普段から意識していない、
人間の内臓の働きを支配している自律神経等がそうです。

 

これは頭でいくら胃腸の働きが活発になれとか、

血液の流れがゆっくりなりなさいとかの、
命令をしても言う事を聞いてくれない、

心の命令系統が違うんですね。

 

じぶんで思い、指令のままに動かす事の出来る心の命令系統は、
脳・脊髄神経系と云います。

手足を動かそうと思えば動かせるし、目を閉じろうと思えば閉じれるし、

 

それとは別に、
自分の意志とは関係なく、産まれてから死ぬまで働き続けている
自律神経系統、この働きは何によって為されているかと言えば、
潜在意識の奥、魂によって為されているのです。

 

ただ心の作用によって少なからず影響を受けてくる訳で、
興奮すれば心臓がドキドキしたり、心配事が多いと胃がキリキリしたり、
等の事は誰でも一度は経験したことは有るのではないだろうか。

 

脊髄から出た自律神経は、お腹の太陽神経叢と言う処に一旦終結して、

そこから
更に各内臓に太陽の光線の様に神経を張り巡らせている処から

名付けられました。

 

この潜在能力も心の働きですから、私は大脳に対して

『 腹脳 』と言う事にしました。

 

なぜ此処で自律神経の事を述べているかと言えば、

生まれてから死ぬまで貴方の意思に関係なく、

貴方の内臓の働きを支配している潜在意識の働きは、

貴方の言動の元になっている心の働きも支配して、運命をも
変えてしまう力を秘めているからなんです。

 

それと言うのも、実は貴方は意識していないかもしれませんが、
現在の貴方は、これまでに貴方が考え、信じ行動した結果が
潜在意識に刷り込まれ、創り上げた結果なのです。

 

これは非常に大切な事なのでしっかりと認識して頂きたいのです。

 

現在の貴方を創り上げているのは、貴方以外の、社会でもなければ
他人でもないと言う事なのです。

 

幸せな貴方も、不幸な貴方も全て貴方が創っていると言う事の
認識なんです。

 

ここを善く理解できれば、未来の幸せな貴方を創り上げるには、
幸せなイメージを貴方の潜在意識にインプットすれば、簡単に
それが現実化してくるのです。

 

心理学の世界的大家、ナポレオン・ヒル博士は

“ 思考は現実化する” 

と述べられています。

 

それでは、偉大なる能力を内包している潜在能力を発現させるのには、
この心の持ち方をどの様にすればよいのか。

その事に触れていきたいと思います。

___________________________________________________________________________________

【なぜか心の問題NO8・・・自分が変わる】

潜在意識は自分で善悪の判断をしないのですね。

この特徴を利用するのです。

 

車でいえばエンジンの部分で、エンジンをかけてどこに向かうか、

ハンドルを切るのが顕在意識という事で、

先ずどこに向かうかを決めましょう。

 

健康になりたい。お金持ちに成りたい。モテたい。出世したい。

夫婦・親子関係が良くなりたい。

 

どうなりたいのか?  思う事を書き留めてください。 

人に見せなくてよいです。

 

そして第一にする事は、自分を愛し慈しみ、自分を褒める事です。

自分を大好きに成る事です。

 

どうするかと言えば、毎日の生活の中で当たり前の事、

例えば、朝・自分で起きれた。

自分はえらい!。

・・・重いうつになる方の大半は夜眠れなくなり、朝起きれなくなります。

顔を洗ってご飯が頂ける。車を運転できる有難い。

お風呂に入って気分が良い。

 

何でも良いのです。

 

日々の生活の中で、当たり前で過ごしていた事を、

毎日二~三個・書き出してください。

其れが、百過ぎた頃からあら! 何か違うなと自分の変化に気付いて来ます。

 

そうなんです!! 当たり前だったという感謝の自分に気付いて来ます。

二百個位はやって下さい。

そうすると自然に次の段階へ進んで行きます・・・

____________________________________________________________________________________

【なぜか心の問題NO9・・・】

 

〔 赤ちゃんの笑顔 〕

先日、知り合いの方で、十ヶ月の赤ちゃんを連れて

診察に訪れた若いお母さん、

初めての子育てで、身も心もグッタリ 「 もう死にそうだわー!! 」

 

私、笑いながら、 「 1度死んで見たら^^^^^」

そしたら 「 此の子の笑顔を見たら、ガンバレルわー !!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

赤ちゃんって何て本当に可愛いいのでしょうね。

なぜかはもう皆さんお分かりでしょう、

 

あの無心な笑顔です。

 誰でも、そんな時代があったのに、成長するにつれて

世間の垢に染まっていく、

 

あの無心な笑顔、もう一度思い出してみたいですね

 

心と身体が疲れたら、赤ちゃんの写真か絵をじっと眺めて、

微笑んで御覧なさい。

 きっと希望が湧きます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 【身体が心を支配する・・・NO1】

実地治療体験集 (数万例ありますのでその一部を掲載します)

 

こう言う例が有りました。

 ◆『ウツ』

女子高生が二人学校の先生に紹介されてきました。

どちらも外に出れなく学校に来れなくなって家で寝ているとの事。

 

脳神経外科や心療内科を受診してレントゲン・CT検査でも異常なし。

薬を飲んでいても症状は回復しない。

 

身体がしんどい。何もする気も起きない。

原因も判らない。

 

親御さんも途方に暮れてしまっていた。

 

 いじめにあってるのではないかと、先生が心配してたずねても、

どうもそうでない。

 

此のままでは進級どころか退学に成ってしまう。

 その先生、自分も若い時、そういう経験が有ったので、

ヒョットしたらと思って紹介して来た。

 

本人たちは、お医者さんで治らないものが

たかが整骨・整体・カイロプラクティックで治るはずがないと

来院を拒否していたようですが、

そこは母親ですねぇ!!

 

 わらにもすがる思いで訪ねて来ました。

 

此の子達の骨格を診断したらビックリした。

 

骨格の全体バランスがバラバラ。

家で言ったら土台が傾いて柱が歪み、家そのものが倒壊寸前。

 家だったら直ぐに判りますから対処も出来ますが、

西洋医学的診断だけでは原因が判然としない。

 

母親も付いてきておりましたので、

「この子、子供の頃、何処か高い処から落ちた事は有りませんか」

とお聞きしたら、

二親とも「子供の時に二階の階段から落ちた事が有ります」

 

まぁケガがなくてよかったね、位にしか思ってなかったそうです。

 処が成長するにつれて、身体の歪みがだんだんに大きくなってきた。

 

そして、子供の頃から圧迫され続けていた神経障害が、

はっきりと自覚症状として現れた結果ですね。

 

こう言う例を多数治療してきましたので、

「 この子治りますね!! 」

と言った時のお母さんの顔がパット輝いた顔を

今でも、おもいだします。

 

きっと藁にも縋る気持ちで来院したのでしょう。

 

一人の方は、比較的順調に回復していったのですが、

ところがもう一人の女の子は、頭に近い上の骨は右にズレ、

肩に近い骨は左にズレていた(首の骨は7個有る)ので、

 この子は二回首を痛めてますねと、

お聞きしたのですが本人は記憶にないとの事。

 

そうしたある日、

「先生、思い出しました! 体育の時間に跳び箱の上で前方転回をした時、

首がグキっと鳴って、

その後何日間か痛かったことが有りました」

 

子供の頃のことで、本人も忘れてしまってたんですね。

 

処が本人は忘れていても、ズレた背骨は何年でも何十年でも矯正しない限り

そのままの状態が続いている、

しかも成長するにつれ、歪みが大きくなっている。

 

ですからこちらは指ですぐ感知する。

 

何で判るんですかと驚いていましたが、

そこは数十万人の方と触れ合ってきた経験です。

 

 他人はゴットハンドなどと馬鹿なことを言ってますけど、

プロなら当たり前の事をしただけです。

 自慢することなど何もないです。

 

この子達、数か月間かかりましたが完治し、

その後大学に進学し卒業してから就職、

今は結婚されてお母さんをしています。

 

其の内の一人が今でもたまに子育で疲れた身体のケアにおとずれ 、

其れが前回掲載した「赤ちゃんの笑顔」の本人です。

 

初めての子育てで、身も心もグッタリ 「 もう死にそうだわー!! 」

 

私、笑いながら、 「 1度死んで見たら^^^^^」

そしたら 「 此の子の笑顔を見たら、ガンバレルわー !!」

幸せなその姿を見ると本当に嬉しいですねぇ。

_____________________________________________________________________________

【身体が心を支配する・・・NO2】

 

 《何が幸いするか判らない》

 

一時間ぐらい掛かるんですが、

そこから来院している方が居られます。

 

この方、膝が痛くて病院に行ったら、いとも簡単に

手術して膝の皿取り替えたら治りますと云われて、

 本人にしたらあんまり簡単に手術と言われたので

ショックを受けてしまい、ウツ状態に成ってしまいました。

 

 

始めて来院した時、身体全体から黒いオーラが見える位

暗かったのですが、診断して “ この膝100%治ります ”と

 

こちらもいとも簡単に云ったのですが、一日おきに来院、

実際一ヶ月したら痛みが無くなってしまいました。

 

普通、後は膝を鍛える体操を教えて此れで終わるのですが、

問題はウツ症なんですね。

 

膝だけのショックなら膝が治ったらウツも治るはずですが

治らない。

 

 おかしいと思って、

 

全身の骨格を診断したら、案の定、骨盤の転位と頚椎の異常な程の

転位があり、

 

“ 交通事故か又は何処か高い所から落ちた事は

ありませんか ”とお聞きしたら、三十年程前に交通事故に

遭いましたとの事。

 

そうなんですよね。

 

レントゲンで異常が無いと云われていても、実際は異常が有り

その間三十年間、頚の神経を圧迫され続けていたんですね。

 

前から頭痛がしていて目の奥が痛かったが、頭痛薬で抑えていた

そうなんです。

 

神経が弱ってきていたのと、更年期が重なり

膝でなくても何かのちょっとしたショックが引き金になり

精神的に参ってしまう事が結構多くあります。

 

身体が心の病を引き起こす、心身相関症の典型です。

 

現在通院四ヶ月に成りますが、心の面も80%回復しました。

 大変明るくなってキラキラしてきました。

 

この方、膝の痛みが幸いして頭痛もウツも治ってしまいました。

 

『 人間万事塞翁が馬 』の喩えです。

 この辺が治療師の醍醐味です。

 

※ この方だけでなく此れまでの長い経験から、頚椎と心の関係は

深い関わりがあります。

______________________________________________________________

【身体が心を支配する・・・NO3】

◆ 毎日寝て過ごしていたのが嘘のように元気に成りました。

6年前の夏頃から1ヶ月以上めまい、頭痛、吐き気で近くの病院へ

毎日点滴に通っていました。

家では、身体が思うように動かず、ずっと横になって過ごしていました。

 

一向に良く成らないので、脳神経系外科を受診し、

CT・MRIを撮りましたが異常は有りませんでした。

ある時、通院していた病院の先生が「身体が歪んでいるのではないか、

整体に行ってみたらどうか」とアドバイスを受けました。

 

そうは言っても、どこの整体に行ったらいいのか判らず友達に相談したところ、

寶珠堂 整体本部に連れて行ってくれました。

 

先生から一通り治療をして戴いた後

「今までに、何か事故とか何処かから落ちた事は有りませんか?

と聞かれました。

 

私は、ヨチヨチ歩きの頃、母が目を離したすきにベランダから落ちた事を

聞かされていました。

 

まさか、数十年も昔の怪我が、今頃?と思いもよりませんでした。

 

それから当分毎日のように通いました。日に日に体調も良くなり、

頭もスッキリし、食欲も出て来て毎日寝て過ごしていたのが

嘘のように元気に成りました。

 

今では、子供達を含め家族全員が先生のお世話に成っています。

私の家族は、先生に治療して頂くと”心も体も前向き”になれます。

 

寶珠堂 整体本部と縁が有り、出会えたことに心から感謝しています。

F・O 53歳 女性

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一つの例

 

腰と首が痛いと来院してきた年輩の患者さんですが、診断したら、

骨盤と腰が大きく捻じれていたので、

「何処からか落ちた事は有りませんか」と

お聞きしたのですが、覚えがないとの事。

 

 

当然背中から首にかけても脊椎にズレが有って、腰痛、肩こり、頭痛は

主訴の症状が出るのは判りますが、そう成った原因は何処からきているのか。

 

仕事上なのか、ケガなのか、生活習慣なのか、原因を突き止めておかないと、

出て来たズレに関しては早い遅いは有っても、治して症状は楽になるのですが、

原因を確り本人に理解してもらわないと、又ぶり返す。

 

 

そうした中で、左足首を診たとき、足関節が太くなって関節が開いたまま

ガクガクして安定しない。

 

「これどうしたんですか」とお聞きしたら10年程前にひどい捻挫をしたとの事、

あぁ原因は此処だったんだと判ったのですが、これ大変です。

 

先ず、左足を捻挫する事によって、反対の足に負担が掛かって股関節がズレ、

(左右のバランスが崩れ)股関節のズレが骨盤と腰椎のズレを起こし、

 

腰椎の5番と頸椎の1番が縦に連動してますから頸椎骨がズレた事

(上下のバランス)によって、頭痛、吐き気、不眠症(前後のバランス)

成ってしまった。

 

よくよくお聞きしたらウツの薬も飲んでいるとの事。

 

身体全体を一個の個体と診て治療しなければ、

腰痛・首痛は外科、頭痛は内科又は脳外科、

 

不眠症やウツは神経科と、多義に渡って通院しなければならなく

成った例ですが、

元の原因はたった一つ、足首の捻挫だったということです。

 

身体のバランスを崩すと、全く関係ないと思った症状が出てきます。

 

こう例を沢山診て来ましたので、捻挫位と簡単に思って放置しておくと、

後で大変な事になる場合が有りますので、

ケガや事故など外傷性の場合は専門治療師の治療を確り受けましよう。

 

この人、薬を止めて、一ヶ月殆んど毎日通って来て、

症状が安定して来たので、

一週間に二度にして、三ヶ月で症状は完治しましたが、

 

元の原因である、足首のガクガクは矯正して正常位に修正しましたが、

関節・筋肉が弱ってしまっているので、

 

足首用のベルトで固定して生活しながら、家でも簡単にできる、

軽いスカクワットで足腰を少しづつ鍛えていく様お伝えしておきました。

 

又最近の傾向は、食事の大切さも関心が高まり、

そこで補えない部分に関して

サプリメントが大流行しています。

 

しかし、良く考えてください。

 

どんなに良い食事や健康補助食品を採っても、

その栄養を身体の隅々まで運んでくれる

正常な血の流れが悪かったら、効果は半減してしまいます。

 

そこに脊椎・骨格の矯正が大事なんです。

 

脊椎骨・骨格を整えると神経だけでなく、血液の循環、滞っているリンパの流れ等も

正常に働き始めます。

 

そして骨格を調えながら身体を鍛える。

どちらか片方だけではだめなんです。

 

 

この様に、総合的な身体の健康を維持していくのには、

 

 「自分の身体は自分で管理する」この心構えが大切に成ってきます

 ______________________________________________________________

【身体が心を支配する・・・NO4

__________________________________________________________________

( 患者様の声 )

       

20代から腰痛の有る私は、整形外科、整体・整骨・

その他の民間治療を色々と経験してきました。

福山だけでなく広島・神戸・東京・・・と色々な地域に行きました。

 

3年前から膝が痛くなり、整形外科に行きましたが、

膝に注射をしたくない私は、治療法が有りませんでした

 

。階段を一段上がっては「ふーっ」とため息をつき、

やっとの思いで洗濯物を干したら、今度は降りるのに一苦労です。

 

毎日が、膝の痛みで歩け無いのと同時、体のしんどさとの戦いで、

将来はどうなるのだろうと、途方に暮れていました。

 

そんな時、奈良の知人から一通のメールが来ました。

「 福山に寶珠堂 整体本部ってある?・知っている? 」・・・と

 

知人は院長先生が出版されている本を図書館で見つけて読み、

感激してメールをしてきたのです。

 

私は、本を一気に読み「 最後のチャンス! 」と思い、

ワラにもすがる思いで整骨院に行きました。

 

家庭的な雰囲気で、家ではあまり話さない私も、

なぜかお喋りに成って笑ってしまいます。

 

膝だけの部分治療だけでなく、首・腰・股関節などの全身の調整もして貰い、

膝の痛みは軽くなり、今では2階の上がり降りもスムーズです。

 

知人の一通のメールが無ければ、今の私の生活はありません。

自分の健康は、自分で守らないと・・・と痛感し、

今の健康維持のために定期的に通院しています。   

 AF 60歳 女性

_______________________________________________________________

 

 同じような例が交通事故です。

 

交通事故の患者さんが結構来ますけど、病院のレントゲン検査で異常が見つからない。

 

きつい事故の場合は、背中痛、肩凝り、首痛、頭痛、めまい、吐き気、手足のしびれ、

不眠等の何れかが比較的早く出て来ますが、

 

軽い場合は大した事ないと思って安心していたら、示談が済んだ、数か月後、

或いは数年後に出てきたりもします。

 

それは軽くずうーっと神経が圧迫され続けていた結果なんですね。

 

そうしたら又病院通いを始めるんですけど、

やっぱり異常がないと診断されているので、だんだんに不安になってくる。

 

 

現代の西洋医学的検査法では、骨折,脱臼等の大きなけが等については

ハッキリ判るんですけど、

脊椎の僅かなズレや靭帯、筋肉の小さな損傷については判らないのですね。

 

ですから異常ないと言われるんです。

 

そして原因が判らないまま、それが長年続くと、

さらに不安も増して精神的にも落ち込んでくる。

 

結果、ウツ症になってしまう場合もあります。

ですから交通事故等も軽く考えないで、お気を付けください。

 

だけど、心配しなくてもよいですよ。

 

ムチウチ等は追突されて、ガクッとやったんだから

矯正すれば、遅い早いは有っても治癒します。

 

※覚えのある方は、お近くの治療院を探して診察してもらってください。

 

ただ一つ気を付けて頂きたいのは、整体・カイロプラクティックを名乗っていても

マッサージの所がありますので、必ず治療系かを確かめてください。

 

現在の私は、二人の息子を始め、多くの弟子をそれぞれ独立させて引退し、

広島県の片田舎に古民家を購入し、家庭菜園をしながらこれを書いています。

 

将来ご縁がありましたら、都会でセミナー等を開催してお会い出来たら良いですね。

 

  • 「毎日の生活習慣が起こす病気」

 

最近のテレビ報道、雑誌、新聞等を見ていると、とにかく人間関係の

醜い事や世の中の悪いことばかりを伝えてきている。

 

90%以上が負の報道ばかりである。

 

こんな事ばかりを、朝から晩まで一日中、心の中に送り込まれたら、

心の中は無意識の内に悲観の思いで一杯に成ってしまう。

その心の歪みが身体へと反映して来る。

 

そこで今回からは、東洋医学についての健康法について述べたいと思います。

 

〈 心と体の関係 〉

  • 心身相関

東洋医学の基本は古代中国に伝わっている陰陽・五行思想の自然哲学が

根本に成っています。

自然の法則は全て陰陽、五行によって成り立って居り、

人間も自然の一部ですから当然その影響を受け、心や体調不良が有れば

その変化に心身を対応させて調節しながら健康体に復する治療法と言えます。

 

陰陽は、表裏一体であり、そのどちらもお互いに関連し合って存在している。

陽だけでも陰だけでも、一方だけでは存在しえない。

 

例えば、太陽と月(大陰)、花で言ったら表が陽、裏が陰、

人間で言ったら男が陽、女が陰

その人間も背中が陽、お腹の方が陰 

(なぜなら動物は四足で歩くので背中の方に太陽が当たり、お腹の方が陰に成る、

人間は二本足で歩くので、顔からお腹の前面が陽の様に思うが陰) 

 

ですから治療で言えば背骨が陽でお腹が陰に成って、

背骨の歪みは内臓に影響し、逆に内臓の疾患が背骨を歪ませる)

 

  • 心身相関

人間は心が陰、身体が陽に成っていますので、

その心の影響は必ず身体に現れて来る事に成る。

しかも心の働きは、他の動物と比べると大変複雑になって

潜在意識と言う分野まで有るので大変ややこしい。

 

その辺の詳しいことは、専門医に任せるとして、ここでは

自然の巡りである五行と人間の関係について述べてみたいと思います。

 

  • 五行とは

自然は春・夏・秋・冬・土用と五つの要素が互いに関連しながら、

季節によって変化していき、人間の心と体に影響を与えていると言う、

自然哲学の思想です。

 

特に日本は敷島の国と言われ、世界に類を見ない程、

四季の変化がハッキリしている。

処が最近は、異常気象でそれもおかしく成って来ている。

 

前にも述べましたが、気象異常は気性(こころ)異常を起こす。

自然が破壊されれば、人間の心も自然と調和が取れなくなって来る。

 

この問題について東洋医学では、五臓六腑、五色、五味、等

三千年も昔から定義されております。

 

五臓とは、中が詰まっている臓器で心臓、肝臓、脾臓、腎臓、肺臓の事を言い、

基本的には、栄養素を取り込み貯める働きが有ります。

 

六腑とは、胃、腸、膀胱の様に中が袋に成っていて

消化、吸収を行う器官の事です。

臓は陰で腑は陽に成り、陰陽の五臓六腑が協力し合って

健康体を維持しているのです。

 

  • 「腸を調えれば万病が治る」

    • 健康には腸を調えましょう。

 

私が指導する整体技法の中に、内臓を整え活性化する
“ 按腹法(あんぷくほう) ”と言う技法が有ります。
 此れは中国5千年の導引術の一種です。
その中で特に大切なのが腸を整える技法です。
 
簡単に自分で出来ます。 お試しあれ!!
 
仰向けに寝て、両足を立て、右手のひらを下腹部に置き、
其の手首を左手で上から軽く握ります。
 右手の三本の指を少し立て、左腹部を左から右に引き寄せます。
引き寄せたら次に、右手側の掌で押し返します。
此れを数回繰り返します。

 

 今度は反対側、左手のひらを下腹部にあて、
左手首を右手で軽く握り左指を三本少し立て、
内側に引き寄せそして左手側の掌で押し返す。
波が押し寄せては返すことに似ているので“大波、小波”と言います。
 起床時とか、夜寝る前フトンの中で行います。
昼でも良いのですけど必ず空腹の時にしてください。
 
※「この技法、婦人科や内臓の疾患を持っておられる方は控えて下さい。
内疾患が有る場合は、別なもっと柔らかい方法が有ります」
 此れは便秘・などに効果が有り、
そして何よりも冷え性に効果が有ります。
 
皆さん足先などの下半身が冷えるのは、そこの血行が悪いと思いがちですが、
実は血行の60%は腸で滞っているのですよ。
ですので、ここを動かすことによって血行促進にも成ります。
 
更に使い捨てカイロを下腹部の腸と腰の下、仙骨部に挟むように
貼って温めると、さらに効果を期待できます。
冷えからくる下半身の病気にも良いでしょう。
 
もう一つ言えば、太もも太腿の冷たいところや硬いところに貼れば更に良いです。
便秘や下痢、肩こり、腰痛、膝痛等に効果が有ります。

 

 ただ、気を付けなければいけない事は、昼は比較的身体を動かすので構いませんが、
夜はカイロを貼ったまま寝ない事。
其れと、寒いからと言って電気毛布を温めたまま夜通し寝ない事です。
これ身体に非常に悪いです。
 
昔、70歳過ぎ、年配の女性の方が治療に来ていましたが、
日に日にやせ衰えてきて元気がなくなってきたので、
お聞きしたら、毎日寒いので電気毛布を一晩中付けて寝て、
 昼はコタツにずーと入っているとの事、
私“ 貴女、即身成仏するのですか、ミイラになってしまうよ ”
と笑いながらお話して、
水分が蒸発し続けているので、血液が濃くなってしまうので、
心臓病や脳血管疾患にもなりやすくなる可能性が有りますよ。と!!
 
冷え対策としては、寝るまでは布団を温めて、
寝るときは、お湯を入れる湯たんぽにしてください。
湯たんぽの熱は、身体の体液に同調するので健康になります。と!!
 効果はてきめん。日に日に元気に成ってきました。
 
整体師を目指す方は、そのように食事の面や生活習慣にも
配慮する必要があります。
其れでないと、いくら治療しても根本的な解決にはなりません。
 生活習慣まで改善する指導という事が、大切に成ります。
  
こう言う例は他にもたくさんありますので、順を追って述べさせていただきます。
 冷えで悩んでおられる方のお役に立てていただければ幸いです。

 

____________________________________________________________

『 神霊は万物不変の霊にして、人は天地経綸の主宰者なり!   』

『 言霊、神なり !! 』

★“ 目に見えない事は信じない、

“ 神なんか居るんか、 ”と公言して憚らない方が

居りまして、先日ソウルメイトの方が外国で結婚式を挙げました。

 

結婚式を挙げた方はスピリチュアル的な方、

皆さんおめでとうのお祝いのメッセージを送って居たのですが、

一人の方だけが、その方に神が居るなら証明してごらんなさいの

メッセージ。

 

 

不思議ですね。

 

 

一度息を止めてみたらどうでしょうかね、

一切の考える事を止めてみたらどうでしょうか。

空気も心も目に見えないのですが、

信じられないですか。

 

肉体の親、先祖代々を遡って行けば何百万年、何千万年先に初代の大先祖様が

居て、其処から血統が始まり、

そしての無限の数の親・ご先祖代々が居って現在のあなたが存在しているのです。

 

 

其の初代の大先祖(多分原始人)は何処から出現し、

そして何の目的が有って人間を生み出したのでしょうか ⁇

 

 

必ず目的が有ったはずです。

 

そして、生み出した側は造物主たる全知全能の神霊、

日本名では天の御中主大神、外国では大霊主神と言われていますが、

全ての物質世界に生命を吹き込んだんですね。

 

 

此の生命を“ 神霊は万物不変の霊 ”と表現していますが、

霊とは生命という事ですね。

 

 

そして、最も神に似せ、神の最高の芸術品として人(霊宿)を生み出し、

直霊と言う、神霊と同じ資質の生命を分霊として分け与え、

天地の経綸を委ねたのですね。

 

 

 

聖書ヨハネ伝の一節にこんな事が載ってます。

 

『 はじめに言霊があった、ことばは神霊とともにあった、

言霊は神であった。

  この言霊は、はじめに神と共にあった。

  すべてのものは、此れによりて創られた、創られたる物に

此れによらないで創られない物は無かった。

此の言霊に命があった、そしてこの命は人の光であった。

  光は闇の中に輝いている。

そして闇は此れに勝たなかった。 』

 

 

言霊(ことたま)の活用は内なる神の活用、命に触れて新しい命が

創られるんです。

 

 

此れを『 言霊、神なり 』と云います。

 

 

人は神霊によってこの現界に産み出され、命は神と共に

在って人の光と成って存在しているんですね。

潜在意識の奥は神のような存在で無く、神そのもの

なんですよ。

 

ですから、あなたの存在そのものが

神の存在を明かしているのです。

 

 

宗教の様に外にあって信仰する神でなく、産まれてから死ぬまで

自らの中に有って、自らを生かして居る神です。

 

すべてのものは此れによってつくられている以上、全ての事は此れを

活用することによって解決する道理です。

 

 

心が肉体が、病み(闇)患っていても、命の光は闇の中に輝いています。

 

闇(病み)は此れに勝てないのです。

 

 

『 言霊、神なり 』を活用して、自分の中に存在している

無限の可能性を信じてみましょう。

 

きっと明るい明日が開けてきますよ。

__________________________________________________________

 

女性( 28歳 )銀行員 福山

パソコンを使う毎日で、肩凝り・頭痛・腰痛・特に生理通がひどく来院。


この方は,肩が凝ると自分で首を振ってボキボキする癖が有り、
よけい首の骨をずらしてしまっていた。
ほとんどムチウチ状態。


自分で首や腰の骨を鳴らさないように注意し診断。


骨盤・仙骨・頚椎骨が大きく転移していた。
( 足の長さと骨盤が上下左右3センチほど違っていた)
よほど辛かったのか、一週間ほど毎日来院された。


次の週から1日おきに来院。二ヶ月ほどでほとんど症状が回復

 

〈  特記 〉

この方、 結婚して5年間子供が出来なかったが、
2か月後生理痛が消失すると同時に妊娠、大変な喜びようで、

主人と共にお礼に来て、更に
婦人科の待合室で同じ様に悩んでいる方に云ったらしく、

次から次と不妊症の方が来院。

全ての女性とは言わないが、多くの方が妊娠しましたね !!

 

「当院は小授け大明神では無い・・・」が!!可能性は大いに広がる。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※ 股関節・骨盤・仙骨と頸椎の関係

 股関節・骨盤・仙骨は家でいったら土台に成り、

その上に柱である背骨が乗って居り、更に首の上には体重の約8%の重さの

頭が載っています。

 

特に女性の方は椅子に腰かけて足を組む癖が有り、更に股関節・

腰を捻っての横すわり、

仕事中にはハイヒール等々、身体を捻る事の多い生活習慣。

 

更に骨盤の構造が男性に比べて、横に広く浅いタライ型、此れは出産の為、

先天的にそうなっているのですね。(ちなみに男性はバケツ型)

 

タライとバケツ、どの様に違いが有るか想像してみてください。

 

ですから、股関節がズレると、骨盤と仙骨を連結している仙腸関節がずれ、

其処から膀胱系や婦人科系に影響を与え、更に冷え性の60%は下腹部で停滞してきます。

 

又、仙腸関節がズレると腰の一番下、腰椎5番がズレ、この5番は首の一番上と

連動して居り、腰椎4番は頸椎2番と繋がって自動的にズレてきます。

 

そして、ややこしい事に首の1番・2番は後頭骨と繋がって、

自律神経の働きを調整しています。

 

頭痛・めまい・不眠症・ウツ・高血圧等の自律神経失調症は、

更に心の面とも複雑に絡み合ってくる。

 

 

身体が先か心が先か・・・表裏一体。

_________________________________________________________

【コロナウイルス騒動】

毎日のように、朝から晩まで報道されているコロナウイルス。

日本も世界中もパニックに成ってしまっている。

目に見えないウイルスが目に見える形で侵食しているその恐怖。

 

これ何を意味しているのでしょうか?

 

人間とはどんな存在なのか、今一度振り返ってみたいものです。

 

人間は肉体のみで存在しているのではなく、

心が有り、その奥に魂が存在している

三層構造に成っています。

 

処が殆どの人は肉体の幸せを基準とした生活を余儀なくされて

毎日を送って居ます。

 

惜しい、欲しい、憎い、可愛い、恨み、腹立ち、欲、高慢、

此れを八つの埃(ほこり)と言います。

誰でも持っています。

 

長い人類の歴史を観れば、戦国時代の争い、貧困による辛さ、

そして病気の苦しみを抱えたまま一生を終えている、

 

そして、過去の祖霊達はそんな満たされない思いを持ったまま、

死後も魂の世界である霊界と言う所で、

今も尚、苦しんでいるのですね!!。

 

そんな霊界人がどれほどの数に成っているか!!。

 

今回のコロナウイルス騒動、目に見えないウイルスが目に見える形で

見えない世界の存在に想いを、目を向けよ、気付けと教えて居られる。

 

もう猶予が無くなっている時代の転換。

 

 

形を変えて異常気象や自然災害、次から次々と警告を発してきている。

もうそろそろ目覚めなければならない!!

 

万物の霊長者としての人間とは何なのか?

その原点に戻って考えてみたいものです。

 

次回・・・コロナウイルスに対する心の対応法

_________________________________________________________________